鍼灸師法制定促進期成同盟にようこそ

期成同盟入会申込書
戻る
(期成同盟入会申込書のページを印刷してください。)

鍼灸師法制定促進期成同盟会員募集

発起人(順不同)

(社)岡山県鍼灸師会  会 長 内田 輝和   (社)長崎県鍼灸師会  会 長 諸岡 辰巳
 鍼灸ジャーナリスト      松田 博公   (社)京都府鍼灸師会  会 長 井上 慶山
(社)山口県鍼灸師会  会 長 河野  紘   (社)宮崎県鍼灸師会  副会長 野村 祐輔(社)愛媛県鍼灸師会  会 長 石藏 正男   (社)愛媛県鍼灸師会  副会長 宇都宮信博(社)香川県鍼灸師会  副会長 佐々木 勝   (社)鳥取県鍼灸師会  会 長 石破 伸宥(社)奈良県鍼灸師会  会 長 中川 正一   (社)広島県鍼灸師会  会 長 山崎 正隆(社)徳島県鍼灸師会  会 長 恒石  真   (社)島根県鍼灸師会  会 長 松崎 幹夫(社)新潟県鍼灸師会  会 長 遠藤 幸男   (社)高知県鍼灸師会  会 長 國澤 義一
 大師流小児はりの会  代 表 谷岡 賢徳

匹夫責め有り

「現代は何によらず他を責めて自ら責任をとることをしない。他人を責め、会社を責め、政府を責め、その間に介在する自己の責任を全く度外視する。しかしそれでは決して人間社会はよくならない。匹夫責め有りというが一人ひとりその志が大事なのだ。」『照心語録』安岡正篤

日本鍼灸が存亡の危機に立たされています。この期に及んで政府の責任を云々しても仕方がありません。我々自身ができる事を見つけ、我々自身の責めを果たそうではありませんか。知恵のある人は知恵を、お金のある人はお金を、何も無い人はせめて名前を出そうではありませんか。少なくとも全国の鍼灸師全員が入会すれば大きな力になりましょう。鍼灸師法制定促進期成同盟会員となって日本鍼灸を護る精神的支援をしていただきたいのです。入会資格はありません。どなたでも結構です。趣旨に賛同される方のご入会をお待ちしております。