山口県鍼灸師会の活動状況



研修会







                            
                                                          


                             




救急救命講習











                                   





スキンタッチ









           
 






こども110番
    







広報誌




    





保険取り扱い






戻る


 

山口県鍼灸師会ではいろいろな研修会を開催しています。全国各地から第一線で活躍しておられる先生を講師にお迎えして内容の濃い研修会となっています。

 

関西医療大学講師、サントリーバレーボール専属トレーナー 松浦先生の「スポーツ鍼灸」での一こまです。

 

 小川卓良先生は日本を代表する鍼灸師ですが、台風をものともせず、駆けつけていただきました。

 19年度は、日鍼会の専門領域研修のカリキュラムに則った研修会「鍼灸医療リスクマネジメント」を2年間、計8回の予定で開始しています。

青年部主催で救急救命講習会を周南市消防本部で行いました。AEDの使用法や、心肺蘇生術を習いました。

AEDのパッドを装着しているところです。

山口国体に向けて、山口県体育協会開催のスポーツトレーナー養成講習会に参加しました。

 

 

 

山口国体 

平成23年

 選手強化と、国体開催に向けての実地訓練「フィールド実習」が始まりました。

全国的に広がりを見せ始めた「スキンタッチ」の講習会を開催しました。

柳井祭り

 大勢の方々に鍼灸を体験していただきました。

 子供が安心して通学できるよう警察に協力してプレートを設置しています。

 会員手作りの温かみのあるプレートが出来上がりました。

 広報誌は会員の皆様のコミュニケーションを図る大切な場です。年間6回発行し、新鮮な情報をお届けしています。

 全国の鍼灸師会にも山口県の情報を発信しています。

 このほかにもいろいろな活動をしています。学術講習会を一定単位以上受けると認定を受けることが出来るようになりました。

 毎月1回、審査会を開きレセプトの審査をします。取扱高も順調に伸びています。